紺色の日常

いつも紺色の服を着ている人の雑記

dot the period@心斎橋BRONZE

6月11日、dot the period@心斎橋BRONZE。
dot the period、活動休止前ラストライブ。

 

f:id:m6t:20170614002203j:plain

 

17時開場/18時開演。入ってのんびりしていたら、17時30分に突然幕が上がってSEが流れた。
「えっ、時間間違えてる?」と思ったら出てきたのはEDDY。
出てきて何するんやろ?って思っていたらRe:が始まった。ひたすら目の前で起こってることが信じられなかった。
「dot the periodが帰ってきた時にもう一度憧れてもらえるように、俺たちはかっこよくなるから!覚悟しとけよ!」には、同じように苦しい時期があってそれを乗り越えたEDDYだから言える力強さがあった。
最後にドッピリの群青カバー、「ありがとうございました、EDDYでした!」で幻の30分間が終わった。
改名したEDDYが自分たちを憧れてくれたドッピリのために、EDDYとしてライブをした。あの時間、ステージにはdot the periodの憧れたEDDYの姿があった。


そんなシークレットOAがあって、dot the periodのライブ。
いつも通りにかっこよくて楽しくて幸せで、今日で活動休止ってことを忘れるくらいに拳上げて歌って笑って。でも途中から泣いて泣いて泣いた。
明日、君がいないでずっと堪えていたのが崩れた。歌っているうちに声の震えが止まらなくなった。「明日君がいない ただそれだけのこと これでいいんでしょ いつもと同じ日々に明日君がいない」って歌いながら、これでいいわけないって思った。

だけど目の前には活休の現実があって、悔しさでいっぱいになった。しばらくじっとステージを眺めることしかできなかった。
その後、the last dayの前の絵夢さんを見てもらい泣きしてさらに大崩壊。涙ぐみながら「続けたい」って言っているのを見て耐えきれなくなった。「俺、歌えるかな…」って言って始まった冒頭部分、歌ってって振られても全然歌えなかった。ひたすら涙が止まらなかった。

本編はnothingで終了。思うことは何もない、なんてそんなわけないんだろうけど、サッと締めたのがらしいなと思った。

止まぬワンモアの声の中、出てきたメンバーが「もうやれる曲は全部やった」と告げ、リクエストからもう一度the last day。それだけかと思いきや、ぶちこみlove song!たまらない。憂いも悲しみも辛さも、ぶち上がりが全てをかっさらった38秒間。

色々あってダブルアンコールは聴けなかったけど、本当に良いライブだった。活動休止するのに、今までよりずっとドッピリが好きになってしまった。
またBRONZEがめちゃくちゃになる日が来ることを待ってる。

大阪日本語ロックdot the periodが大好き
あなたは僕の光だ

 


2017.06.11 EDDY セトリ
1.Re:
2.青い果実
3.MY HOME
4.心の声
5.音時雨
6.群青(dot the periodカバー)
 
2017.06.11 dot the period セトリ
1.夜明け
2.シオン
3.歌いたい理由
4.Be yourself!!
5.雪が煌めく
6.花
7.境界線
8.Lilly
9.love song
10.泡雪の涙
11.stay girl
12.希望
13.my world
14.群青
15.haruka
16.走馬灯
17.Door
18.Good friend is baby
19.honest dog
20.cain
21.明日、君がいない
22.come back to my home
23.you are you
24.センター
25.夕凪
26.the last day
27.After that…
28.夜の憧憬
29.wedding dress
30.nothing
 
Encore
1.the last day
2.love song
 
Double Encore
1.Lilly